MLB初のフルタイム女性コーチが誕生。彼女に期待される役割とは?

サンフランシスコ・ジャイアンツ

2020年1月16日、メジャーリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツは、同リーグ史上初となるフルタイムの女性アシスタントコーチの就任を発表した。ジャイアンツにとっては、そもそも女性コーチの就任が史上初の試みとなる。

 

彼女の名前はアリッサ・ナキン。カリフォルニア州立大学で3割超えの打率をマークし、太平洋沿岸部(Pacific Coast Softball Conference、以下PCSC)の地区選抜にも選出されるなど、そのパフォーマンスには目を見張るものがあった。

 

その活躍はフィールド上に留まらず、2012年度にはPCSCにおける、“最も文武両道が優秀な学生アスリート”に。学業の優秀さや、地域活動への積極性が評価されたのだった。そして、2014年からはインターンとしてジャイアンツと携わってきた。

 

彼女に求められるのは、クラブハウスの環境の改善と、チームが主催している健康に関するイベントの企画や進行だ。2020年に10周年を迎えるランニングイベント「Giant Race」においても、重要な役割を担うかもしれない。

フィールドでのコーチ陣のサポートはもちろんだが、フィールド外での彼女の活躍にも期待したいところだ。